若い時の両親

写真の整理をしていたら、両親の若い時のが出てきました。
こんな感じだったのかーー!、、ってなるけど、そこには
「こんなだったのーーー!?」な自分の幼い時の写真もあったりね。
しばらく見入ってしまいましたよ。
両親は、面影はもちろんあるし、その時の流行のファッションをしていたりして面白い。
ここでふと思ったのですが、こうして紙媒体で写真がないと、自分たちの指針は自分を見ることはないんだな、とね。
スマホの中にたくさんあっても、死んだらパスワードがなくては見ることも出来ず、
きっとそのままオクラ入り。
その方がいい、って人もいるかも(え??)。
時代は変わっていきますが、こうして昔を懐かしむ時間というのは残ります。
残っていなくちゃいけないものだし。
そういう時に、なんでもなんでもデータ化されていたら、子孫は何も見ることができないんだなーー。

スマホにある写真を全部紙媒体にして出す、、なんてのも、すごい時間とお金がかかることですし。
難しい世の中だ。

このブログ記事について

このページは、かずきが2021年1月 1日 22:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デヴィ夫人の遺産」です。

次のブログ記事は「相撲取り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。