2020年4月アーカイブ

見た見たそのシーン!

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」で、
、、、しってますよね、この映画?
え?知らない?まさかーーー!

市カプリ緒とブラピのコンビの映画ですよーー、見てないのーー?
見ましょうよーー!

、、さて、その映画ですが、のちにレオナルド・ディカプリオが「火炎放射器でのシーンがきつかった」って言ってて、
あ、-----!、見た見たーーー!ってなりました。

その「きつかった」ってのは映画のストーリーのなかでも出て来るんです。
俳優の役をディカプリオがしてますからねー。
「こういうシーンとかってきついよなー」みたいなセリフで、あたかも回想シーンのようになってる、
でも、そのシーンを本当に
「あのシーンがきつかった」
って言ってるディカプリオがいて笑ったのだ。
まるで映画の宣伝みたいだけど、本心でそう言ってるみたいでした。

じっさいに、一流のスタントマンが集まって、その日に当たって焼けていく、、ってシーンがあるんです。

ブラピは、役柄がなんとスタントマン。
ディカプリオのスタントって役だけど、映画のなかではプロのスタントがやってて、
こういうのを見るのも面白い。
あの映画、ヒットしないわけないよね。
まだ見てないのだとしたら、人生の半分損してますよ。

このアーカイブについて

このページには、2020年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年3月です。

次のアーカイブは2020年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。